バスタイム

バスタイムは新陳代謝が活発になる時なので、洗髪だけでなくしっかり保湿ケアなどをしていくようにしましょう。

トリートメントやパックはもちろん、頭皮ブラシや、ヘアケアグッズを少しずつでも充実させて、十分なケアが出きるように工夫していきましょう。

オイルケアも、バスタイムを有効に活用すると取り入れやすくなります。

シャンプーする前に髪にオイルを少量馴染ませてからシャンプーしたり、オイルパックをしたり、バスタイムにすれば、より保湿効果は高まります。

バスタブに浸かりながら頭皮をマッサージしたり、しっかり汚れを落としたりすることは、セルフケアでもとても大切なことです。

人それぞれのケアの方法がありますから、さまざまなものを試して自分に合うものを続けていくようにすると良いでしょう。

また、お風呂上りのケアもとても大切です。

お風呂上りにきちんと乾かしてブラッシングしておくことで、次の日の朝のスタイリングにも大きく影響しますし、一日髪の調子が違います。

きちんと前日にケアしているかどうかでスキンケア同様大きな違いを感じることがあるのです。

そのためにも、やはり毎日のケアは欠かさず行っていくことが大切ということです。

トリートメントは、毎日バスタイムと、お風呂以外でもこまめに行うように心掛けて、髪を労わるという意識を常に持って、ヘアケアに取り組むようにすると良いでしょう。

自分に必要なケアはどんなものか、どうかを常に考えながら、バスタイムもヘアケアの時間を充実させられるように、日々リサーチを怠らないようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る